SSL常時標準化がスタンダードとなってきました。
Google Chrome68から常時SSLになっていないサイトは「保護されていません」 と表示されてしまいます。

これは企業にとって大打撃になりそうですね。
例えば、安心・安全の商品を売っていたとしてもホームページがSSL化されていないと実際注文するホームページは安全ではないと言われてしまうわけですから大変です。

そんな事もあり、弊社としても早急対応させねば!と思い立ちサイトをSSL化しました。

が・・・・・。

あれWordpress部分の表示がなんかおかしいぞ?とGoogle Chromeで閲覧すると以下のような画像が

あれ?ちゃんと「https」化されているのに、なぜかページが保護されていない・・・。
今回の記事のテーマはここからです!


WordPressでSSL設定したのに「保護されていません」を消す為の解決方法


WordPressでSSL化したのに保護されていない原因として一番考えれる点を以下にまとめました。

①Wordpressの「設定」にて「WordPress アドレス (URL)」「サイトアドレス (URL)」をhttpsに変更していない

②サイト内アドレスが全て「https」指定になっていない

画像やJavascriptなどのURL指定がhttpのままになっていると、保護表示されません。
Google chromeの「デベロッパーツール」を利用すると、変更されていないURLが簡単に分かります。

以下ご参照

Consoleを選択してください。すると、以下の画像のように変更されていないURLが赤枠で表示されます。

指定箇所を全て変更すると、めでたく「保護された通信」が表示されます。
WordPressのSSL化完了です。
(うまくいかない方は、ページ画像のアドレスなど再チェックしてみてください)

一覧に戻る
INQUIRY
インターネットからのお問い合わせ
052-859-2812

トップへ